最新設備
初めての方へ
歯周病とは
これらの症状に注意
原因と病状の進行
歯周病疾患のリスク
当院での歯周病検査内容
初期治療と中期治療
歯周病外科治療
口コミ評価


関連サイトのご紹介
神戸松田歯科医院
神戸インプラントセンター
神戸入れ歯義歯専門
神戸矯正審美歯科

歯周病リスク喫煙

タバコと歯周病の関係

喫煙がもたらす5つの原因

「タバコを止めない人への歯周病治療は無駄」そう言い切る歯科医もいます。

それほど、喫煙は歯周病の原因を数多く含んでいるのです。

タバコが害となることは昔から言われつづけていましたが、ここ数年で健康面だけでなく歯周病についても、想像以上に悪影響をおよぼしていることがあらゆる研究データ・結果から明らかになってきました。

まずはタバコ・喫煙と歯周病の関係を正しく知って、禁煙を検討いただくか吸う量を減らすことをおすすめします。

タバコと歯周病の関係

歯周病初期

歯周病が発症すると、まずは歯茎が赤くはれてきます。

これは歯周病菌が増えたことによって、それに対抗するための抵抗成分が、歯茎の毛細血管を通じて集まってくるためです。(血流が増加)

それに対し、喫煙者は毛細血管が細くなっっており血流が増えにくく、結果歯茎が赤くはれることが抑えられてしまいます。つまり本来必要な免疫が抑えられ、症状がよりいっそう進行するということです。

もともと歯周病は自覚症状のない病気といわれており、より発見が遅れることに繋がります。

また、喫煙は歯周病が発症・悪化する要因にもなることが明らかにされています。

タバコには約2000種類の有害化学物質が含まれていると言われていますが、その中でも三大有害物質がタール、ニコチン、一酸化炭素です。

タバコがどのように歯周病の原因となるのか見ていきましょう。

タバコが歯周病を悪化させる5つの原因

〇タールが歯の表面に強力に付着し、プラークにとって絶好の温床となる。

〇ニコチンが血管を収縮させることにより血流障害がおこり、歯茎に十分な酸素や栄養素がいきわたらない。

〇タバコは免疫細胞の活動を阻害します。
タバコから吸入される有害物質の除去に白血球が働き、歯周病菌への対応が十分でなくなります。

また、白血球の増加・活動は活性酸素を発生させ、その結果活性酸素除去のためにビタミンCが消費され、歯茎を修復する細胞の働きも制限されることになります。

〇一酸化炭素により口内の酸素濃度が薄まり、酸素が嫌いなプラークにとって好ましい環境が作られます。

〇口内粘膜に熱的損傷をおよぼし、細菌への防御力を低下させます。

まとめ

タバコと歯周病の関係

厚生労働省が運営する生活習慣病予防サイトe-ヘルスネットでも
「喫煙は糖尿病と並んで歯周病の二大危険因子」
と記載されています。

もちろん、タバコは歯周病の要因だけでなく、他の様々な健康被害を引き起こします。

もし今喫煙されているなら、周りのご家族や友人の為にも禁煙にトライしてみてください。


ページ上まで戻る

【ご予約・ご質問はこちら】
神戸歯周病治療センター受付

松田歯科医院
078-681-0418