神戸歯周病治療専門

歯周病について

最新設備大型歯科

歯周病とは

歯周病とは、歯と歯ぐきの間に歯周病菌が増え、歯を支える顎骨を溶かしていく細菌感染症です。

最終的には、歯を支えることが出来なくなって歯が抜け落ちます。

その他疾患にも悪影響を及ぼします。

歯周病⑨つのチェックポイント

「歯がぐらぐらする」
「歯が伸びてきた」
それは、歯周病が進行している状態です。
すぐに検査を受けて下さい。

また、歯周病は初期段階では自覚症状がない病気ですので、少しでも気になる点があれば下のセルフチェックを確認してください。

初期の軽度な歯周病であれば、歯医者でスケーリング(歯石除去)を行えば、あとはセルフケアで改善することもできます。

☑ 歯周病セルフチェック⑨

□ 朝起きると口内が苦くてネバネバ
□ 歯みがきのとき食事のときに出血した
□ 口臭が気になる
□ 歯茎がむずがゆい
□ 歯茎が赤黒い(健康な歯茎はピンク)
□ 前歯が長くなった気がする
□ 歯と歯の間に隙間ができてきた
□ 疲れると歯茎が腫れやすい
□ 歯を舌でさわるとザラザラ


1つ・・初期段階の可能性
3つ以上・・歯周病が進行している
5つ以上・・病状がかなり進んでいる

歯周病の症状と進行段階

歯周病は初期段階では自覚症状があまりありません。
歯がぐらつくなどといった明らかな症状が出てきたときには、すでにかなり進行しています。

【歯周病の主な段階別症状】
《初期》
歯ブラシに血がつく、歯茎が腫れる、歯茎がむずがゆい

《中期》
歯が長くなった気がする、口臭が気になる、硬いものを噛むと痛い

《重度》
歯がグラグラする、歯茎から膿がでる

各ステージ別症状の詳細についてはこちらをご覧下さい。

歯周病症状と進行レベル

歯周病は治る?

治療風景

歯周病は完全完治はしませんが、予防歯科治療・プラークコントロール(歯垢除去)する事で、健康なお口を保つことが可能です。

初期・中期症状であればしっかりと治療することで、より健康な状態を保てます。

しかし、重度になり歯を失うところまでいってしまえば、治療はできますが自然歯をはじめ失った組織をもとの状態に戻すことは不可能な場合もあり、大変困難となります。

歯周病の初期・中期段階の治療についてはこちらをご覧下さい

歯周病初期治療

歯周病重度の外科治療についてはこちらをご覧下さい

歯周病初期治療

まとめ

歯周病は歯や歯茎だけの問題でなく、身体全体の問題につながるとても怖い病気です。

しかも、厚生労働省によると成人の8割は歯周病を患っていると報告されています。

しっかりとプラークコントロールを行っていくことが大切です。

お口の中を日頃から清潔にしておくこと、そして定期的に歯医者で歯石をとってもらうこと。
これを続けていけば、歯周病が悪化することはほとんどありません。

きれいな歯を維持することは身体全体の健康に繋がります。

歯周病菌が引き起こす疾患だけでなく、しっかり咀嚼できる事で内臓への負担を軽減、そして噛み合わせは姿勢と体幹を正し、身体の末端まで整えます。

まずは口腔内検査でご自身の状況を把握し、歯のクリーニングで歯石除去をして下さい。

【当院の初診検査と歯石除去メニュー】

検査と歯石除去

歯周病を詳しく解説

歯断面図

歯周病とは、歯と歯ぐきの間に溜まった歯周病菌によって引き起こされる炎症性疾患です。

虫歯は歯に対する感染症ですが、歯周病は歯を支える骨や歯肉、歯根膜といった周りの組織に対する感染症なのです。

程度の軽いものから合わせると日本人の8割以上が罹患していると言われています。

口の中には300種類以上の細菌が暮らしていると言われ、歯垢(プラーク)1mgの中には1億〜10億個の細菌がいるとされています。

歯周病に罹患してしまうと、歯肉が赤く腫れたり軽いブラッシングで容易に出血してしまいます。

症状の軽いうちは適切なブラッシングや歯科治療により元に戻せますが、進行してしまうと歯肉が下がったり膿が出たりします。さらに放置しておくと歯を支えることが出来なくなり最悪の場合歯が抜け落ちてしまうこともあります。

歯周病に罹患しているかを調べるには肉眼で確認する他に、さまざな検査があります。

歯周病の原因

歯周病は、細菌が歯周ポケット(歯と歯ぐきの間)で増加し、骨を溶かす病気です。

人の口内には常に300以上の細菌が存在しています。

これらは日常の歯磨き等が十分であればそれほど増えることは無く、問題を起こしません。

ですが、歯磨きが十分でない、歯並びの悪さで磨き残しがいつもある、お菓子等をだらだら食べて細菌の栄養となる糖分などが過剰といった環境になると、細菌が集まりネバネバした物質であるプラークとなり歯に付着します。

プラーク1㎎の中には10億個の細菌が住んでいるといわれています。

プラークは粘着性があり、うがいだけでは洗い流せませんが、しっかりとブラッシングすることで除去できます。

しかし、歯と歯茎の間の歯周ポケットや、ブラッシングが届いていない場所のプラークは、唾液内のミネラル等と結合し、2週間ほどで石灰化します。

石灰化したプラークを歯石と呼びます。

歯石は歯に非常に強力に沈着し、歯磨き等では除去することはできません。

そして、歯石は軽石のように穴が開いており歯周病菌を始めとする細菌の絶好の住処となります。

歯石に住み着いた細菌が毒素を出し続け、歯茎や歯の周りの組織がダメージをうけていき歯周病が進んでいくことになります。

ストレスや疲労による免疫力の低下も歯周病菌が活発に活動する要因となります。

その他【歯周病を活発化させる生活習慣⑩のリスク】はこちら

歯周病10のリスク

歯周病が及ぼす全身への影響

歯周病は放っておくと、一つの歯だけでなく違う歯にも感染し最終的に多くの歯を失ってしまうことになる怖い病気です。

それだけでなく口内で増えた歯周病菌が食道や呼吸気管から、また血液内に入り込み、更なる病気を引き起こしたり悪化させる要因となります。

歯周病菌によって発症・悪化する病気は次のようなものが明らかになっています。


ページ上まで戻る

【ご予約はこちら】
松田歯科医院:総合受付
078-681-0418

診療時間案内 電話ご予約はこちら
078-681-0418
医院までのアクセス 初めての方へ 歯周病とは 最先端医療と最新設備 注意すべき症状とは 原因と進行 歯周病疾患のリスク 当院の歯周病検査内容 初期治療と中期治療 外科治療 当院の口コミ評価