神戸歯周病治療専門

ルートプレーニング

ルートプレーニングとは?

ルートプレーニングの目的とスケーリングとの違い

定期歯科検診での予防措置や、初期の歯周病の際にはスケーリングで歯周ポケットの歯石を取り除きます。

しかし、歯周ポケットが4ミリ以上の深さになるとスケーリングだけではポケット奥の歯石を取り除けません。

その時にはルートプレーニングを行って歯石や汚れを除去していくことになります。

ルートプレーニングとは

ルートプレーニングとは、スケーリングとよりも歯周ポケットの深い部分、歯の根の部分の歯石を除去するものです。

また、歯石だけでなく細菌の毒素が浸透した歯の根の部分の表面(セメント質)も削っていきます。

ルートプレーニングの目的

ルートプレーニングの目的は、より深くの歯石を除去するというだけでなく、毒素に侵された歯の根部分も除去し、歯周病の原因を取り除きます。

また、歯の根部分の表面を固くつるつるにして再び歯石が付着することを防止するとともに、歯茎との再付着を促し歯周ポケットを浅くすることが目的です。

ルートプレーニング|まとめ

ルートプレーニングを行うときは麻酔を行います。
麻酔が切れてもズキズキといたむようなケースは少ないですが、歯が浮いたような感じをうけることが多いです。

まれに、どうしても歯石等を除去できない場合は歯茎の切開も行います。

基本的に、歯周病であっても中度まではほぼ外科的治療を行わずに、歯石の除去のみで治療を行うことができます。

(その後の、適切な口内ケアは必要です)

ページ上まで戻る

【ご予約はこちら】
神戸歯周病治療センター受付

松田歯科医院:総合受付
078-681-0418

電話ご予約はこちら
078-681-0418
医院までのアクセス 初めての方へ 歯周病とは 最先端医療と最新設備 注意すべき症状とは 原因と進行 歯周病疾患のリスク 当院の歯周病検査内容 初期治療と中期治療 外科治療 当院の口コミ評価