最新設備
初めての方へ
歯周病とは
これらの症状に注意
原因と病状の進行
歯周病疾患のリスク
当院での歯周病検査内容
初期治療と中期治療
歯周病外科治療
口コミ評価


関連サイトのご紹介
神戸松田歯科医院
神戸インプラントセンター
神戸入れ歯義歯専門
神戸矯正審美歯科

CTG法

歯周病治療FGG法

CTG法|結合組織移植術
FGG法|遊離歯肉移植術

歯周病症例イメージ

移植手術

この二つの治療は失われてしまった歯肉の幅や厚みを増加させることを目的とします。

上の顎の硬い歯肉が存在する口蓋部から歯肉を切り取り移植します。

歯茎移植手術

FGGは剥離した歯肉の硬い部分も含めて移植しますが、それに対してCTGは歯肉の硬い部分の下にある結合組織のみを移植します。

FGGは角化歯肉を増加させることが出来るので、清掃性が良くなり結果として歯の寿命を延ばすことが出来ます。

CTGでは露出してしまった歯根を覆うことが出来たり、インプラントやブリッジの治療を行う前に行い歯肉に厚みを持たせることで、より見た目の良い治療を行うことが出来ます。

どちらの治療も歯茎を切って持ってくるため、その部分に傷が出来てしまいます。傷口はパックなどで覆いますが痛みが出ることがあります。

ページ上まで戻る

【ご予約・ご質問はこちら】
神戸歯周病治療センター受付

松田歯科医院
078-681-0418