最新設備
初めての方へ
歯周病とは
これらの症状に注意
原因と病状の進行
歯周病疾患のリスク
当院での歯周病検査内容
初期治療と中期治療
歯周病外科治療
口コミ評価


関連サイトのご紹介
神戸松田歯科医院
神戸インプラントセンター
神戸入れ歯義歯専門
神戸矯正審美歯科

歯周病リスク薬剤の副作用

薬剤の副作用と歯周病の関係

薬の副作用で歯周病になるリスク

歯周病は細菌による病気ですが、抗てんかん・高血圧・免疫抑制等の薬によっては歯周病を発症・進行させることがあります。

該当する人は、医師、歯科医に相談する必要があります。

歯周病を発症するリスクのある薬

薬剤飲み薬

抗てんかん薬:ダイランイン、アレビアチン、ヒダントールなど

高血圧治療薬(カルシウム拮抗薬):ニフェジピン、アダラート、アムロジンなど

免疫抑制剤 :サンディミュン、ネオラールなど

なぜ歯周病になるの

抗てんかん薬等の薬は歯肉肥大を引き起こすことがあります。
つまり歯茎が腫れて肥大化するということです。

ひどい場合は歯を完全に隠してしまうほど肥大するケースもあります。

この症状は歯に歯垢が付着していると特に肥大化します。

つまり薬によって歯周病になるのでなく、歯周ポケットと同様のプラークや歯石の温床部分が増えることによって、発症する手前、また初期段階だった歯周病が進むということです。

歯周病対策方法

薬を服用しても、歯周病でなければ歯肉肥大が発生する可能性は低いです。

服用中はしっかりと歯磨き等プラークコントロールをするとともに、歯医者でスケーリングやルート・プレーニングの歯石除去を行いましょう。

当院では内科等の主治医と相談し、可能であれば薬の変更を提案しております。


ページ上まで戻る

【ご予約・ご質問はこちら】
神戸歯周病治療センター受付

松田歯科医院
078-681-0418