最新設備
初めての方へ
歯周病とは
これらの症状に注意
原因と病状の進行
歯周病疾患のリスク
当院での歯周病検査内容
初期治療と中期治療
歯周病外科治療
口コミ評価


関連サイトのご紹介
神戸松田歯科医院
神戸インプラントセンター
神戸入れ歯義歯専門
神戸矯正審美歯科

歯周病リスク女性ホルモン

女性ホルモンと歯周病の関係

歯周病は女性の方がかかりやすい!

歯周病と言うとどんなイメージでしょうか?

細菌はプラークコントロールなどといった言葉も一般的になってきました。

プラークコントロール。
丁寧にブラッシングし、デンタルフロスやマウスウォッシュも欠かさない。

やはりこまめで清潔好きな人が多い女性の方が、歯周病の割合は低いだろうというのが一般的なイメージではないでしょうか。

ですが、実は歯周病の患者さんは女性の方が案外多いのです。

女性ホルモン大好き!

歯周病菌は実は女性ホルモンが大好物です。

ですから、生理の時や、思春期、妊娠期と言った女性ホルモンの分泌が活発な時ほど歯周病菌も大量に発生しているのです。

また、ホルモンの影響で末梢血管が拡張しており、歯茎の腫れや出血が多くおこります。

その他、女性はホルモンバランスが変化しやすく、ホルモンバランスが崩れると体調を崩し、より歯周病にかかりやすい状態になります。

生理前に歯茎が腫れるという人は、もしかしたら歯周病菌の仕業かもしれません。

妊娠中の歯周病に注意!

女性ホルモンと心電図

妊娠中は女性ホルモンが大量に分泌されている時期です。

この時期、歯周病や歯周病初期の歯肉炎に悩まされる女性は少なくありません。

妊娠中は特に念入りに口内環境を清潔に保つ必要があります。

また、妊娠時に歯周病を患っていると、低体重児出産や早産のリスクが高まると報告されています。

歯周病では口の中の細菌が爆発的に増えていますが、その細菌が血液を通じて胎児に感染することで起こります。

更年期も注意が必要

女性ホルモンが低下する更年期。
ドライマウスで悩む人も多いですね。

唾液が少ないと、口の中の洗浄作用が十分にできず、歯周病が進む原因ともなります。

その他、ホルモンバランスが崩れることによりかかりやすくなる糖尿病等の生活習慣病、また骨粗鬆症にもかかりやすく可能性が報告されています。

歯周病と女性ホルモン|まとめ

女性はライフステージによって、ホルモンバランスが変化し体調も左右されてしまいます。

女性ホルモンが多くても、少なくても歯周病が発生しやすいとは理不尽な気もしますが、人生の各ステージでしっかりとプラークコントロールしていくことが大事ですね。


ページ上まで戻る

【ご予約・ご質問はこちら】
神戸歯周病治療センター受付

松田歯科医院
078-681-0418